▲ 上記以外のメーカーもお取り扱っております。

 

▶︎ お問い合わせ

【GATEWAY特選中古】SLINGERLAND / 1979 RADIO KING 14x6.5【送料目安:S】

■商品名:【GATEWAY特選中古】SLINGERLAND / 1979 RADIO KING 14x6.5【送料目安:S】

■カテゴリー
スネア、ラジオキング、スリンガーランド、ビンテージスネア、単板、メイプル

■シェル:メイプル単板+リインフォース
■サイズ:14" × 6.5
■フープ:スティックセイバーフープ(スチール)
■スイッチ:70〜80's 純正SLINGERLAND TDRストレイナー
■スナッピー:純正SLINGERLAND全面当たり(20本ワイヤー)

■音量:小 ☆★★★★ 大
■音質:柔 ☆★★★☆ 硬
■音域:狭 ☆★★★☆ 広
■反応:悪 ☆★★★☆ 良
■明るさ:暗 ☆★★★☆ 明

外観 ★★★☆☆

面構えはとても良いですが、それなりに使用感があります。
内蔵ミュートが取り外され、空気穴も含めて穴埋めされています。
当店にてオーバーホール済みです。

軽度ですが、一部リインフォースメントの剥離が見られたためその個所は当店にてパテ埋め補修を施してあります。
剥離の原因も恐らく経年によるもので、落としたりといった衝撃によるものではありません。

サウンド ★★★★★


タマラナイ迫力!!

丸くて太くて音がデカい!!
本当に木の温もりというか存在をを感じる熟成された単板メイプルのヤバい音そのものです♪

ハイピッチも素晴らしいし、

80年代LA風の超ローピッチ系も楽しいです♪

単板シェルは一枚の木が振動する構造上、プライシェルに比べてレスポンスが良く音も大きいのが特徴ですが、さらに年季が入っていて音が熟成されているのがパーフェクト♪

こんな音は新品のスネアには出せましぇん!!
サイコー♪

ヘッド ★★★☆☆

もう少ししたら交換がお奨め!
表面:REMO / 114BA コーテッドアンバサダー
裏面:REMO / 114SA スネアサイドアンバサダー

年式 ☆☆☆☆☆

恐らく1979〜80年代初頭頃

総評 ★★★★★

SLINGERLAND(通称ガーランド)のRADIO KINGと言えば、ある程度キャリアのあるドラマーならば一度は耳にしたことがあるであろう超有名なスネアですね。

1930年代後半にSLINGERLANDのフラッグシップモデルとして、初代のRADIO KINGが誕生し、メイプルのソリッドシェル、専用のストレイナーや彫刻入りのブラスフープなど、フラッグシップとしてふさわしい仕様を備え、当時のトップドラマー、ジーン・クルーパーをはじめ、様々なドラマーに愛されます。
1960年代頃からブラスシェルのSOUND KINGが登場すると、RADIO KINGはSLINGERLANDの顔を譲ることになりますが、フープの仕様などを変えてメイプルの単板シェルモデルとして製造されます。

その後、一旦は製造されなくなりますが、70年代末にSLINGERLANDがセルフカバー的な意味合いでオリジナルのラジオキングの復刻版として発売したのがこのスネアになります。

80年代には、ジェフ・ポーカロも「このシェルさえあればあとはなんでもイイ!」と言って愛用していたというエピソードもあり、この80年代頃からRADIO KINGの魅力が見直されます。
この頃のLAサウンド(低音デシデシ系)はRADIO KINGがよく使われていたようで、今現在もファンが多いのはこの80'sを代表するサウンドの影響も大きいと思います。

SLINGERLANDは、この後の1983年以降はGRETSCHやGIBSON、HSSというブランドの傘下に入り、これ以降もRADIO KINGのリイシューモデルや、プライシェルにダイカストフープのSTUDIO KINGなどが登場します。

長い歴史の中で、なくなったり復活したり、別の会社になって復活したり、さらにはラジオキングシリーズという入門モデルも存在する時期もあるのでややこしいですが、 しっかりと伝統のサウンドを継承している本物のRADIO KINGです♪

本当に病みつきになる“たまらん”スネアですよ♪



※サウンドの試聴にはヘッドフォンのご使用をお奨めいたします。
型番 【特選中古】SLINGERLAND / 1979 RADIO KING 14x6.5
販売価格

77,000円(税7,000円)



SOLD OUT