カートを見る



▼ メーカー別(近日公開予定)

AMEDIA

AQUARIAN

ASPR

BOSPHORUS

BRUSH FIRE

BOTH HAND PERCUSSION

CONTEMPORANEA

CANOPUS

CRAVIOTTO

CRUSH

DW

DECORA

EVANS

ISTANBUL

GIBRALTAR

GOPE

GRETSCH

GON BOPS

LUDWIG

LP

LOS CABOS

MEINL

MODERN DRUM SHOP

PORK PIE

PREMIER

PEARL

PAISTE

PURESOUND

PROTECTION RACKET

PRENTICE

PROLOGIX

PROMARK

ROGERS

REMO

REGAL TIP

SABIAN

SCHLAGWERK

SLINGERLAND

SONOR

SPIZZICHINO

SOUNDKING

TOCA

TAMA

TURKISH

TREE WORKS

TIMBRA

UFIP

VIC FIRTH

VATER

YAMAHA

ZILDJIAN

▲ 上記以外のメーカーもお取り扱っております。

 

▶︎ お問い合わせ

【デッドストック 45%OFF】DW / 5002AH【送料目安:S】
DWの5000シリーズと言えば現在のフットペダルの大定番、その人気はもはや不動のものです。

1980年に、世界で初めてチェーン&スプロケットドライブ機構を搭載した5000CXがデビューし、高い評価を受け続けると、その5000CXをベースにどんどん改良が加えられ、偏心カムの“アクセレレーター”やボールベアリングヒンジとアンダープレートを搭載した、“DELTA”シリーズが生まれました。

惜しくも廃盤となってしまいましたが、このペダルは、その初代DELTAの仕様を復活させた日本限定モデルとして、当店でもイチオシのモデルでした。

今でこそ、ツインペダルもアンダープレート付きペダルも珍しい存在ではありませんが、もとを辿っていくと実はDWに行き着くんですよ。
すごいですよね。

DELTAシリーズも、現行モデルは4代目のDELTA4となりますが、DELTA2以降はパワー志向の時代の流れもあり、フットボードを少し幅広くしたダブルチェーン仕様になります。
この初代モデルのみ、それ以前のDWペダルと同じくスリムなフットボードとシングルチェーンというシンプルな作りです。

ダブルチェーンとシングルチェーンの大きな違いは、アクションの初動のフィーリングやスピード感にあります。
どちらが良いかというのは、やはりドラマーの好みや音楽スタイル、セッティングで異なるため一概には言えませんが、DW5000AHは、元来シングルチェーンが主流のDWが爆発的に広まるきっかけを作ったといっても過言ではない非常に完成されたアクションが魅力です。

“ACCELERATORアクセレレーター”カムは、スプロケットの回転軸を中心からずらして設定してある、いわゆる偏心カムです。
この初期設定位置の違いだけで、真円カムのTURBOよりも、ヒットポイントが極わずかに手前側に移動するので、アタックまでのスピードが増したような、まさにアクセルを踏み込んだような印象を受けるのが特徴です。

遠心力がシャープに感じられるので、ウッドビーターなど重めのビーターとも相性がよく、ベルトドライブ式のようなダイナミクスに忠実な操作感を得やすいのも特徴です。

踏み込みの軽さ、ビーターが打面をヒットするまでのスピード感、踏み込んだパワーが素直に伝わるナチュラルなメカニズム、フットボードの戻りのスムーズさは、それこそ、最上位機種である9000にはない、DW5000のシンプルな素晴らしさです。

長々と熱弁になってしまいましたが、とにかくイチオシ!!
型番 DW / 5002AH【送料目安:S】
定価 82,500円(税7,500円)
販売価格

45,375円(税4,125円)



SOLD OUT