カートの中を見る       
【デッドストック】LUDWIG / 60-70's #1124 ATLAS “BIG BEAT”HHst【送料目安:S】
【デッドストック】LUDWIG(ラディック) / 60-70's #1124 ATLAS “BIG BEAT”HHst

外観 ★★★★★ 奇跡のデッドストック!!!!!!!!
パイプ部分のシールや箱までしっかり残っています。
脚ゴムも傷一つなく、まるでタイムスリップしてきたような素晴らしい状態
機能 ★★★★★ 問題なし。

この1124モデルは、フットボードの爪先の上にあるダイヤルを回すことでスプリングのテンションが調整可能です。
スプリング回りのアクションも問題ありません。

名器スピードキングペダル同様、押しバネ式(通常が伸びていて、踏み込み時に縮む)のスプリングで、とても柔らかい踏み心地と足に吸い付くような自然なアクションが一度体験するとヤミツキです。
※新品なのでスプリングもヘタっていません。戻りも元気がイイです♪


スプリングテンションは、一番強くしても硬くならず、一番柔らかくしてもダルダルにならず、どのポジションでも柔らかい自然な踏み心地です♪
 
年式 ★★★★★ 1966-1978年
総評 ★★★★★

ハッキリ言って、奇跡!!!

信じられないぐらいピッカピカ!!!(汗)


同時期に発売されていた#1123-1をベースに、当時のLUDWIGとしては初のスプリングテンション調節機能も備えた最上位モデル。

フットボードの下の支柱を三脚のベース部分に差し込みネジで固定してフットボードがロックされる独特の仕組みです。

かかとの裏に開閉式のスパイクと爪と、ベース部の下の先頭部分にスパイク(収納不可)が付いています。

後に、パイプ径が太くなったり、三脚も太めのパイプ型になったりして“HERCULLES(ヘラクレス)”という70年代のLUDWIGを代表するモデルに進化していきます。

※フットボード下の支柱を固定するネジは斜めに差し込むタイプになります。
ネジの頭の形が変形しやすいため、ネジ穴からは取り出しにくくなりますが、絶対に無理に抜かないようご注意ください。
無理に抜くと、ネジ山が潰れてしまいます。

完全には抜かなくても基本的には
「少し緩めて差し込み→少し締めて固定」という状態で使用しますので通常使用では問題ないと思いますが、お手入れの際などに良かれと思って抜いたら壊れた。。。という事もありますのでご注意ください。

故障の場合は、早い段階であれば修理は可能ですので、ご相談ください。

ほんと凄い状態。。

サウンドも素晴らしいので、ぜひ現役選手として活躍させて欲しい名器です。
 

型番 【デッドストック】LUDWIG/60-70's #1124 ATLAS “BIG BEAT”HHst
販売価格

86,400円(税6,400円)

購入数
up down