カートの中を見る


▼ メーカー別(近日公開予定)

AMEDIA

AQUARIAN

ASPR

BOSPHORUS

BRUSH FIRE

BOTH HAND PERCUSSION

CONTEMPORANEA

CANOPUS

CRAVIOTTO

CRUSH

DW

DECORA

EVANS

ISTANBUL

GIBRALTAR

GOPE

GRETSCH

GON BOPS

LUDWIG

LP

LOS CABOS

MEINL

MODERN DRUM SHOP

PORK PIE

PREMIER

PEARL

PAISTE

PURESOUND

PROTECTION RACKET

PRENTICE

PROLOGIX

PROMARK

ROGERS

REMO

REGAL TIP

SABIAN

SCHLAGWERK

SLINGERLAND

SONOR

SPIZZICHINO

SOUNDKING

TOCA

TAMA

TURKISH

TREE WORKS

TIMBRA

UFIP

VIC FIRTH

VATER

YAMAHA

ZILDJIAN

▲ 上記以外のメーカーもお取り扱っております。

 

▶︎ お問い合わせ

【ビンテージ】LUDWIG & LUDWIG / 1930's-40's STANDARD MODEL 14x6.5SD 【送料目安:S】
■商品名:【ビンテージ】LUDWIG & LUDWIG / 1930's-40's STANDARD MODEL 14x6.5SD【送料目安:S】

■カテゴリー
スネア、LUDWIG、 LUDWIG&LUDWIG、VINTAGE、ビンテージ、ビンテージラディック


シェル フープ スイッチ スナッピー
恐らく
メイプル/マホガニー/メイプル
3PLY
+
メイプルリインフォース
ダブルフランジ
ブラスフープ
8テンション
純正
STANDARD SNARE
EXTENSION STRAINER
恐らくオリジナル
LUDWIG ALL METAL
SNAPPI SNARE
12本ワイヤー
&
オマケ、現行品LUDWIG/L1930

音量
★★★★
音質
★★★★★

音域
★★★★

反応
★★★★

明るさ
★★★


外観 ★★★★ 当店にてオーバーホール済み。
1本だけボルトに若干の曲がりがありますが、使用には問題ありません。
恐らくオリジナルと思われる貴重な全面当たりスナッピー(写真参照)が付いています。
形状や長さも現代では他に合うものが無いので、ぜひこのスナッピーサウンドも楽しんで頂きたいですが、さすがにだいぶ枯れているので、オマケで新品のLUDWIG/L1930が付属します。

オリジナルも捨てがたい魅力ですが、実用としては、1930ワイヤーをお奨めいたします。

エンブレムバッジの上の“一等地”に何らかのステッカーの痕がありますが、これだけ落とせませんでした。
シール剥がし薬品系はNGなのでご注意ください。
いつか自然に削れていきそうなのでそれまで待ちましょう。

DUCOラッカーも若干剥げている所はあるものの、とても風格があり、貫禄が段違いです。
この頃は、マホガニーフィニッシュのものとカバリングフィニッシュのものが存在したようで、オプションでこのDUCOカラーも選べたようです。
ラッカー塗装の場合は、塗料の乗りの都合上、アウタープライはメイプル仕様になっているものと思われます。
※マホガニーだと表面がザラザラでラッカーがうまくのらないため?
 
サウンド ★★★★★

とても深みのあるシェルの鳴りは、まだまだ枯れきっていない現役のサウンド!!
こんな年式の木なのに、メイプルが入っているせいか、50年代や60年代のLUDWIG系ポプラ&マホガニーのシェルよりも若々しい鳴りに驚愕です。
1930年代だとしたら、約80年前、、、、戦前ですよ!!戦前。。。

シェルの鳴りは、文句なくパーフェクトです。
でも、入荷時についていたオリジナルと思われるワイヤーがさすがに枯れ枯れ。。

オリジナルの状態も捨てがたいのは百も承知で、でも、実用性の面でいろいろと相性の良さそうなスナッピーを探してみましたが、これがまぁ、大変でした。
この元気なおじいちゃんシェルに対抗できるワイヤーがなかなかありません。。。
結論から言えば現行のLUDWIG1930が癖がなく一番実用的に使いやすい及第点だったので、これをオマケにします。

人に見せびらかす時はオリジナルワイヤー、
実際に演奏するときはLUDWIGに交換がオススメ(笑)

ビンテージLUDWIGのメタルエンドとかがあったらとても合いそうなので、機会があればそういうものもお試し頂きたいと思います。

ほんとにまぁ、素晴らしいシェルです♪

音色の傾向としては、ビンテージサウンドでちょっと個性もあるし、ライブも含めて、いつでもどこでもファーストコールというのは難しいタイプだと思いますが、レコーディングなどでは秘密兵器として忍ばせたい極上のサウンドです。

できるだけ出番を増やしてやってくださーい!
 

ヘッド ★★★★ まだ使用可能
打面:REMO / COATED AMBASSADOR
裏面:REMO / SNARESIDE
年式 ★★★★★ 恐らく1930年代最後期頃
 
総評 ★★★★★ さすがにこんな年式の木胴スネアはそうポンポン入ってくるものでもないのですが、素晴らしいつくりです。
シェルの鳴りはもちろんの事、滑らかなスイッチの動きや端正なリムの造形など、現代のスネアが見習ってもいいんじゃないか。。と思えるほど非常に良くできています。


話は代わって、スティーブ・ジョーダンのDVD、THE GROOVE IS HEREの中で、バーニー・ウォーレルとスティーブ・ジョーダンの2人でセッションする場面が出てくるんですが、そこで出てくるホワイトマリンのスネアが恐らくこれと同年式の同型です。
彼の本の情報では、あちらは14x7インチのようで、TOPフープもトリプルフランジフープに替わっていたりするようですが、

「あのスネア、メチャクチャいい音するけど何なんだろう。。。」と、

以前からずーっと店長が気になっていたアレがコレでした(笑)

ぃよし!
トリプルフランジフープに乗せかえて、スティーブ・ジョーダンごっこしましょ♪♪


 



※サウンドの試聴にはヘッドフォンのご使用をお奨めいたします。


型番 LUDWIG & LUDWIG / 30's-40's STANDARD MODEL 14x6.5
販売価格

129,600円(税9,600円)



SOLD OUT