カートの中を見る


▼ メーカー別(近日公開予定)

AMEDIA

AQUARIAN

ASPR

BOSPHORUS

BRUSH FIRE

BOTH HAND PERCUSSION

CONTEMPORANEA

CANOPUS

CRAVIOTTO

CRUSH

DW

DECORA

EVANS

ISTANBUL

GIBRALTAR

GOPE

GRETSCH

GON BOPS

LUDWIG

LP

LOS CABOS

MEINL

MODERN DRUM SHOP

PORK PIE

PREMIER

PEARL

PAISTE

PURESOUND

PROTECTION RACKET

PRENTICE

PROLOGIX

PROMARK

ROGERS

REMO

REGAL TIP

SABIAN

SCHLAGWERK

SLINGERLAND

SONOR

SPIZZICHINO

SOUNDKING

TOCA

TAMA

TURKISH

TREE WORKS

TIMBRA

UFIP

VIC FIRTH

VATER

YAMAHA

ZILDJIAN

▲ 上記以外のメーカーもお取り扱っております。

 

▶︎ お問い合わせ

【ビンテージ】LUDWIG / 60's SPEEDKIN L201 #1【送料目安:S】
■商品名:【ビンテージ】LUDWIG / 60's SPEEDKIN L201 #1

■カテゴリー
ペダル、LUDWIG、ラディック、スピードキング、ヴィンテージペダル

外観 ★★★★ 当店にてオーバーホール済み。
経年の傷などはありますが、損傷もなく良好な状態です。
機能 ★★★★★ 問題なし。

イジれるところはスプリングの張り具合のみで、ビーターアングルも変えられません。

このペダルはフレーム内にカムを反復して動かすための支柱とスプリング、ベアリングが収められています。
フレーム内は金属同士が直接連動していて、摩擦によって金属が擦れるのを防ぐために、かなりの量のグリスで満たされています。

一般的なペダルと違って、フレーム内に関しては日常的なメンテナンスはほとんど必要ありません。
また、長期間使用せずにいると、内部のグリスも固まってくるので、日常的に使用し続けることが一番のメンテナンスになります。

そういう理由もあって、普段はあまり内部を確認する必要はありません。

あまりお奨めはしませんが、スピキン愛が強すぎて、どうしてもメカニズムを確認したい場合は、グリスまみれになる事を覚悟して底面のスプリング調整ネジを外してみてください(笑)
 

年式 ★★★★★ 1960年代
総評 ★★★★★ 2014年頃まで製造されていたスピードキングは、最初に登場した1950年代のものからほとんど構造を変えずに作られ続けました。
もちろん、年式ごとに補強的な意味で多少の仕様変更はされていますが、これは一つの製品としては恐ろしいロングセラーだと思います。
でも、その事実が、このペダルがどれだけ完成されたものであるかの証明とも言えます。

もちろん、それなりに古いものなので、下記のようにしょうがない点もあります。
 
■スピキンあるある

・踏んでるとカチャカチャとノイズが出る。
※バラード曲とかRECとか、場面によっては結構気になる。。

・バスドラムとの相性が悪いと、カムの先端が打面に擦れる。

・スピキンに合わせたプレイを心がけないとアクションがついてこない。。
 

という訳で、
そもそもスピキンを愛でる気持ちがないと、タンスのコヤシになりかねませんが、当店では、一台一台敬意を込めてオーバーホールしていますので、大事にご使用頂ければこの先まだずっと現役で使い続けれれます。

もしも故障が起きても、修理できる部分も多いので、ぜひご相談ください。

で、結局オススメかオススメじゃないかって?

超オススメですーーー!!(笑)
 

型番 【ビンテージ】LUDWIG / 60's SPEEDKIN L201 #1
販売価格

27,000円(税2,000円)



SOLD OUT